大雨がった時

恵南豪雨けいなんごうう(東海豪雨)のときの雲の様子

2000年9月10日~12日の雲画像くもがぞう


  • さいしょ

  • もどる

  • すすむ

  • 再生

  • とめる

この大雨となった時は、九州の南の海上に台風第14号があり、本州の上には停滞ていたい前線がありました。この停滞ていたい前線に向かって、南からあたたかくて湿しめった空気がどんどん入ってきました。

そのため、停滞ていたい前線のところでは、雨をらせる雲がたくさん作られ、とくに東海地方を中心に大雨となりました。

名古屋では川の堤防ていぼうが切れたり、家の中に水が入ってきたりする浸水しんすい被害ひがいがありました。

岐阜県でも東濃地方を中心に、山やがけがくずれる被害ひがいがありました。

このページの画像は、ひまわり5号が観測かんそくしたデータです。