e-気象台トップページ >お天気教室>地しん・火山>火山と噴火(ふんか)

火山と噴火(ふんか)

噴火(ふんか)の仕組み

日本には火山がたくさんあり、世界でも代表的な火山国です。ここでは火山の活動について学んでいきましょう。

火山とは地下のマグマ(火山の地下にあるどろどろに溶けた岩のこと)が噴出して形成された山のことをいいます。火山は地球上のある限られた地域にかたよって分布しています。
火山の種類はプレートの分布と大きく関係しており、大きく分けると海嶺(かいれい)型、ホットスポット型、海溝(かいこう)型の3つに分けることができます。

ここでは日本の火山が属する海溝型(あるいは島弧[とうこ]型ともよびます)火山についてみていきましょう。


海溝型(島弧型)火山の噴火の仕組み

日本のようにプレートが沈み込む海溝沿いに分布する火山帯です。海洋プレートの沈みこみが噴火に大きく関係しています。



@マグマの発生  太平洋プレートの沈み込みによって岩石が溶け出し、マグマが発生します。
 発生したマグマは上昇していきます。

Aマグマ溜(だ)まり

 マグマが上昇していき浮力を失うとある深さで止まり、マグマが集まるところがあります。
 ここをマグマだまりといいます。

B 噴火

 マグマ溜まりにあるマグマがさらに上昇していくと、周りの岩ばんが圧力にたえられなくなってこわれ、地表から急げきに溶岩や火山灰が噴出されます。
 これを噴火(ふんか)といいます。 


噴火による主な災害


大きな噴石(おおきなふんせき)
 噴火によって火口から大きな岩石が吹き飛ばされる現象です。
 爆発的な噴火によって火口から吹き飛ばされる直径約50cm以上の大きな岩石などは、建物の屋根を打ち破るほどの破壊力を持っています。

火砕流(かさいりゅう)
 火山によるもっとも危険な災害の一つで、高温の火山灰や溶岩が火山ガスと一緒に斜面を高速で流れ下る現象です。
火砕流の温度は数100℃に達し、流れる速さも時速100キロ以上にもなる場合もあります。
長崎県の雲仙岳(うんぜんだけ)では、火砕流で1991年に43名、1993年には1名が亡くなりました。

融雪型火山泥流(ゆうせつがたかざんでいりゅう)
 積雪期の火山において噴火に伴う火砕流等の熱によって斜面の雪が融かされて大量の水が発生し、周辺の土砂や岩石を巻き込みながら高速で流下する現象です。
泥流の速度は時速60kmを超えることもあります。
北海道の十勝岳では1926年の噴火によって大規模な泥流が発生し、144名もの犠牲者がでました。

溶岩流(ようがんりゅう)
 マグマが火口から噴出して高温の液体のまま地表を流れ下る現象です。
通過域の建物、道路、農耕地、森林、集落を焼失、埋没させて完全に不毛の地と化します。

小さな噴石・火山灰(ちいさなふんせき・かざんばい)
 噴火により噴出した小さな固形物のうち直径2mm以上のものを小さな噴石(火山れき)、直径2mm以下のものを火山灰といいます。
小さな噴石は、火口から10km以上遠方まで風に流されて降下する場合もありますが、噴出してから地面に降下するまでに数分〜十数分かかることから、火山の風下側で爆発的噴火に気付いたら屋内等に退避することで小さな噴石から身を守ることができます。
火山灰は、時には数十kmから数百km以上運ばれて広域に降下・堆積し、農作物の被害、交通麻痺、家屋倒壊、航空機のエンジントラブルなど広く社会生活に深刻な影響を及ぼします。

火山ガス(かざんがす)
 マグマに溶けている水蒸気や二酸化炭素、二酸化硫黄、硫化水素などの様々な成分が、気体となって放出される現象です。
2000年からの三宅島の活動では、多量の火山ガス放出による居住地域への影響が続いたため、住民は4年半におよぶ長期の避難生活を強いられました。

火山噴火に伴う堆積物による土石流や泥流(かざんふんかにともなうたいせきぶつによるどせきりゅうやでいりゅう)
 火山噴火により噴出された岩石や火山灰が堆積しているところに大雨が降ると土石流や泥流が発生しやすくなります。火山灰が積もったところでは、数ミリ程度の雨でも発生することがあります。これらの土石流や泥流は、高速で斜面を流れ下り、下流に大きな被害をもたらします。

山体崩壊(さんたいほうかい)・岩屑なだれ(がんせつなだれ)
 大規模な山くずれのことを山体崩壊といいます。この山体崩壊によってくずれ落ちた大量の土砂が流れる現象を岩屑(がんせつ)なだれといいます。
福島県の磐梯山では1888年に山の形が一変するほどの山体崩壊がおきました。
また、長崎県の雲仙眉山(うんぜんまゆやま)では1792年に山体崩壊がおき、岩屑なだれによって大量の土砂が有明海に落ちて津波を発生させました。
この一連の災害による死者は約15,000人と、日本史上の最悪の火山災害となりました。



岐阜県周辺の活火山

 日本には110の活火山があり、岐阜県周辺にもいくつかの活火山があります。活火山とは、過去1万年以内に噴火した記録のある火山や、現在活発な噴気活動がある火山を指します。昔は、噴火記録があっても現在休んでいる火山を「休火山」と呼んだこともありましたが、今は「休火山」や「死火山」という言葉は使われません。例えば富士山は1707年に噴火していますから「活火山」です。
 なお、活火山の定義は従来「過去2000年以内に活動があった火山」とされてきましたが、国際的な分類上、「過去1万年以内に活動があった火山」とするのが一般的であるため、2003年1月から定義を改めました。このため、岐阜県では「アカンダナ山」が活火山として加わりました。

 岐阜県付近の活火山の過去の噴火活動は次のとおりです。()の中は火山の高さと、火山のランク(下の「用語」を見てください)です。

焼岳(2455m、B):過去に何度か噴火した記録が残っています。大正〜昭和時代には、たびたび噴火しており、現在も噴気活動が盛んです。1995年には、ふもとの工事現場で水蒸気爆発があり、4名の方が亡くなっています。

アカンダナ山(2109m、C):過去1万年以内に、火山活動があったことが分かっています。

乗鞍岳(3026m、C):最新の噴火は、約2000 年前に恵比須岳で発生し、火山灰の噴出と溶岩の流出が起こっています。山頂部に噴気地帯は存在しません。

御嶽山(3067m、B):2014年9月27日に水蒸気噴火が発生し死者・行方不明者合わせて63人の被害を出しました。現在も噴気活動が活発となっています。

白山(2702m、C):昔は活発な噴火をしていました。1554年には火砕流も起きています。1659年の噴火を最後に静かになっています。


火山のランク:活火山のうち、過去100年以内に活発な活動があり、それ以前にも活動が活発であったことを表すために、活動が活発な順番に「A」「B」「C」の3ランク分けしています。例えば、浅間山、桜島、雲仙岳、三宅島、有珠山などは「A」、富士山や那須岳は「B」などとなっています。

もどる