e-気象台トップページ >お天気教室>きせつの話>春の乾燥の話
最も乾燥(かんそう)した日の上空の空気

空気のかわき具合・しめり具合を見るのに、気象台ではよく「露点(ろてん)」という値を使います。
露点は、文字通り、「露(つゆ)になる温度」のことで、
空気を何℃まで冷やしたら露が出てくるか、という温度です。
(水と温度の関係についてはこちらで考えてみてください。)
気温と露点の差が大きい時は、空気をうんと冷やさないと露が出てこないわけですから、
空気が乾いていることをしめしています。

岐阜地方気象台で観測を始めた1950年から2015年6月現在までで
しつ度が1番低くなった日と、2番目に低くなった日は、上空1500メートル付近で
気温と露点の差が17℃以上もありました。
この日は、地上と1500メートルの間の空気もとても乾燥していたと考えられます。
地上の気温が上がると、空気は対流を起こしてだいたい高さ1000メートル位の間で
上下に混ざりやすくなるため、上空の空気が乾いていると地上へも影響するようです。

もどる