e-気象台トップページ >お天気教室>きせつの話>春の乾燥の話
最も乾燥(かんそう)した日の風

岐阜地方気象台で観測を始めた1950年から2015年6月現在までで
しつ度が一番低くなった日(上の図)と、2番目に低くなった日(下の図)の
アメダスの風と気温のマップです。赤が風向風速青が気温です。
最小しつ度の出た時間に一番近い時間のデータを表示しています。
緑色のやじるしのように、岐阜市付近には、滋賀県から西よりの風が入っています。
気温を見ると、滋賀県から岐阜県に入るところで、気温が上がっていますね?
これは、風が山を越えることで、フェーン現象が起きているためと考えられます。
フェーン現象については、「天気のぎもん」の中の こちらを参考にしてみてください。
こうして、岐阜市周辺では、気温が上がり乾いた風が入ってくるために、
よりいっそう乾燥することがあります。

もどる


最小しつ度6%を記録した日


最小しつ度7%を記録した日