e-気象台トップページ >お天気教室>きせつの話>春の乾燥の話
最も乾燥(かんそう)した日の気温と日照時間

岐阜地方気象台で観測を始めた1950年から2015年6月現在までで
しつ度が一番低くなった日(上の図)と、2番目に低くなった日(下の図)の
気温としつ度のグラフです。ピンク色の線は、この日の平年の最高気温です。
最高気温の平年値よりも、高い気温が出ていたことがわかりますね。
しつ度はその時の空気がふくみ切れる水分でいっぱいの時を100%としています。
暖かい空気は、冷たい空気よりもたくさんの水分をふくむことができるので、
同じ水分量でも、気温が高いほどしつ度は低くなるのです。
また、地上の気温がぐんと上がると、空気は上下にも対流を起こして、
上空の空気と混ざりやすくなります。上空に乾いた空気があると、
その空気が地上にも下りてきて、空気は乾燥します。

一番下の表は、乾燥した日の日照時間(にっしょうじかん)とその平年値です。
日照時間は、太陽の光が雲にさえぎられずにさしていた時間を表しています。
つまり日照時間が長いほど、その日はよく晴れていたことが分かります。
5位までのランキングに入っている日は、全て平年よりも日照時間が長く、
よく晴れていたことが分かりますね。

もどる