[人工巣穴C]

 堰堤BとCの中間地点に設置してある。生息数が減少している区間であり、最近の個体調査では個体があまり発見されていない区間である。繁殖が行われれば、生息数の回復につながる。

上流側から見た人工巣穴D
巣内の土砂を取り除いている
下流側から見た人工巣穴