気温

気温にまつわるあれこれ

気温とは

空気の温度のことを、「気温」と呼び、「摂氏せっし10度」、または「10どしー」などと表します。

気温は、夏の暑い日は高くなり、冬の寒い日は低くなります。

気温の目安

気温と外の様子、どんな温度と同じなのか、イメージしてみましょう。

はじめに、0度より高い気温のときのイメージを表1でたしかめてみましょう。

表1 気温とまわりの様子(0℃以上)
外の様子気温どんな温度か
雪がふる温度0℃氷がこおる温度
0~10℃ 冷ぞう庫の中10℃-冷ぞう庫
春・秋 10~25℃
25~35℃
日本の最高きろく 40℃ぐらい おふろのお湯40℃-おふろ
昼間のさばく 50℃ やけどをするようなお湯50℃-やけど

次に、表2で0℃よりも低い気温のときのイメージを確かめてみましょう。

ここで、0℃より低いときは、氷点下ひょうてんか10度、またはマイナス10℃などと表し、上とはぎゃくに、数字が大きいほど寒いことを表します。

表2 気温とまわりの様子(0℃以下)
外の様子気温どんな温度か
真冬まふゆの朝 0~-10℃
寒い地方の真冬 -10~-20℃ 冷とう庫の中-10℃-冷とう庫
日本の最低きろく -40℃ 自分の息で口もとがこおる-40℃-口もとがこおる

気温の変化の特徴とくちょう

気温は、きせつや地方、昼や夜、天気によって変化します。

きせつでは、夏は気温が高く、冬は気温が低くなります。

日本では、ふつう、北よりも南の地方のほうがあたたかく、気温も高くなります。

また、夜よりも昼のほうが気温は高くなり、昼でも雨や雪の日よりも晴れの日のほうが気温は高くなります。

きせつの変化

一年でいちばん気温が高いのは夏の7月や8月ごろで、一年でいちばん気温が低いのは冬の1月や2月ごろとなります(図1)。

図1 岐阜の気温のきせつ変化

1日の変化

一日のうちでも気温は変化します。

昼間は気温が高く、夜は気温が低いです。

夏でも冬でも、一日でいちばん気温が高いのは、昼の午後2時や3時ごろで、一日でいちばん気温が低いのは、朝の午前5時や6時ごろになります(図2)。

図2 岐阜の夏(8月)と冬(2月)の気温の変化